ゾンビズーキーパーの母親も父親もかっこよすぎ!NFT完売の理由

売切
スポンサーリンク

ゾンビズーキーパー君は2022年現在、小3・9歳の男の子。日本人です(笑)

生み出したNFTアートがすべて売り切れということで、話題になりました。

今度はあの東映が、ソンビズーキーパーくんのアートをアニメにするのだとか。

NFTアートのアニメ化は、日本では初めてなんだって!小学生がアニメの原作を作る時代になったか…

そんなスーパーな小学生を生み出した母親と父親がかっこいいんです!

そこで今回は、

・ゾンビズーキーパー君のスーパーな母親
・ゾンビズーキーパー君の二人の父親
・ゾンビズーキーパー君のNFTが完売した理由

について、書いていきます。

高スペック、かつ、父親も母親も考え方が素敵なんです!

ゾンビズーキーパー君は、生まれるべくして生まれたって感じだな〜。

スポンサーリンク

ゾンビズーキーパー君の母親・草野絵美

ゾンビズーキーパー君は、横浜に住む小学3年生の男の子。

「Forbes 100今年の顔」に最年少で選ばれました!

す!すげっ!!

ある時、母親の恵美さんから、ロンドンに住む12歳の少年の話を聞いたゾンビズーキーパー君。

なんと、その少年が創り出した「クジラのピクセルアート」が、3800万円以上で取り引きされた、というのです。

ベンヤミン・アフメド君っていうその男の子は、父親の姿をまねて、5歳からプログラミングを始めたんだってさ!

これに反応したゾンビズーキーパー君。

「ねぇ、これやりたい。せっかくなので夏休みにやってみたい。ママ売ってくれない?」

草野絵美さんのnoteより

そして2021年の夏休みの自由研究として取り組んだそうです。

その時、母親の絵美さんがやったことは、

・NFTの市場調査に協力し、共にテーマ決め
・息子のアートを拡散するためにSNS戦略

こうやって、息子の後押しをしたそうです。

8歳の息子にNFTの話をし、まるでビジネスパートナーのように子どもに向き合う絵美さんって、一体、どんな女性なんでしょう?

ゾンビズーキーパー君の母親は学生結婚

草野絵美さんは、慶應義塾大学に在学している時、学生結婚されました。

相手は、共に立ち上げたスタートアップの共同創業者。

その男性との間に生まれたのが、ゾンビズーキーパー君です。

21歳は若いママだけど、草野さんは、自分の性格や周囲の環境などを分析して、早く出産した方がいいと思ったんだって。

高校生の頃から、カメラマンやライターなども経験し、常に行動派の草野さんらしい選択です。

でも、残念ながら、旦那さんとは価値観がだんだんとかけ離れていき、離婚

草野さんはシングルマザーとして、育児も仕事もこなし、そんな中、現在の旦那さんと出会いました。

ゾンビズーキーパーの母親・草野絵美の今

現在の草野絵美さんも、多方面で活躍中。

・タレント
・大学の非常勤講師
・ミュージシャン

といろんな顔を持っています。

何ともファンキーなママだね!

自称・ネオ教育ママと自分のことをおっしゃってますが、2021年には次男くんも誕生しました。

ゾンビズーキーパー君の二人の父親

ゾンビズーキーパー君には、二人の父親がいるんです。

一人は実の父親。

もう一人は、現在の父親・山岡潤一さんです。

ゾンビズーキーパー君の実の父親

ゾンビズーキーパー君の実の父親は、草野絵美さんの元の旦那さん。

慶應義塾大学で絵美さんと立ち上げたスタートアップを立ち上げた時の共同経営者です。

絵美さんは、そんな元・旦那さんのことを

この人は天才だ!

この人の子どもを生みたい!

東洋経済オンラインより

と思っていたんだとか。

残念ながら離婚したものの、今も、ゾンビズーキーパー君は実の父親と交流を続けているそうです。

アートを作るだけでなく、それを「売りたい」というふうに考えられるのも、そんなお父さんのDNAを受け継いでいるからかもね。

ゾンビズーキーパー君の現在の父親

母親の絵美さんが再婚され、ソンビズーキーパー君の新しい父親になったのが山岡潤一さんです。

山岡潤一さんも、いろいろな顔を持っています。

・慶應義塾大学専任講師
・STEM教育の専門家
・メディアアーティスト

夫婦そろって、スペックたかいね〜

ゾンビズーキーパー君のNFTアートについても、山岡さんに相談し、戦略も共に考えたそうです。

おまけに、料理もこなし、掃除もできる器用な方のようで、絵美さんとは得意・不得意を補い合う関係が、夫婦の秘訣だとか。

実の父親も、成長の環境を作っている山岡さんも、ゾンビズーキーパー君にはいい影響を与えているよね〜

ゾンビズーキーパー君のNFTが完売した理由

母親から話を聞き、自然な流れの中でNFTアートづくりに入っていったゾンビズーキーパー君。

ちなみに、その名前は、実名を出したくないということでZombie Zoo Keeper(ゾンビ動物園飼育員) にしたんだって。

何でも、大好きなマインクラフトに出てくる「ゾンビ」と「動物」からヒントを得たみたいで、NFTが盛んなアメリカでゾンビは流行ってるし、動物は世界どこでも人気がありますからね。

そんなゾンビズーキーパー君は、ipadの無料アプリを使い、ドットで絵を描き始め、最初のアートは約2000円で売れたそう。

アートと言っても、実は、ゾンビズーキーパー君、絵を描くのは苦手って言うからおもしろいよね〜

そうやって、作品は徐々に売れていき、夏休み明けには作った作品21点が売り切れたそう。

一枚20ドルぐらいで出したものが、最高では45万円相当で買われ、転売などもあわせると、かなりの売上に。

こんな息子の成果の要因を、母親の絵美さんはこう分析しています。

・ゾンビズーキーパーが好きな世界感と表現が「時代」と合っていた
・NFTという仕組みがまだ黎明期でライバルが少なかった
・ゾンビズーキーパーが若かった

他にも、いろんな人が見つけてくれたり、たまたま家に描くための道具があったり、膨大な絵を描くことが苦ではなかったことも、ラッキーだったと言っています。

Nao
Nao

絵美さんも山岡さんも、いろんな問題に向き合う時に、エビデンスを大切にするそう。感情や考えの偏りに流されず、とても合理的ですね。

そんな合理的な考えを子育てにも取り入れることで、予期せず脚光を浴びてしまった息子についてのアンチな声も、うまくかわされています。

素敵なご両親ですね。

タイトルとURLをコピーしました