牛乳石鹸赤箱と青箱の違いは?洗顔やニキビに使える?赤ちゃんは?

売切
スポンサーリンク

牛乳石鹸の青箱と赤箱の違いって、知ってますか?

わが家では、20年前に息子が生まれて以来「青箱」が定番ですが、その時に「青箱」を選んだ理由もこの違いからでした。

洗顔にも体用にも、長らく愛用してきましたが、ニキビには果たしてどうなんでしょう?赤ちゃんには?

ということで、今回は

・牛乳石鹸赤箱と青箱の違いは?
・牛乳石鹸赤箱と青箱は洗顔には使える?ニキビは?
・牛乳石鹸赤箱と青箱は赤ちゃんには使える?

についてお伝えします。


スポンサーリンク

牛乳石鹸赤箱と青箱の違いは?

牛乳石鹸の「赤箱」と「青箱」。

赤箱は1928(昭和3)年から、青箱も1949(昭和24)年から販売されている、超ロングセラー商品です。

時代が変わっても、これだけファンが多い商品は珍しいと思いますが、何となく使ってる方も多いのでは?

赤箱と青箱、結構いろいろ違う!

ということで、赤箱と青箱の違いを見ていきたいと思います。

  赤 箱 青 箱
洗い上がり しっとりすべすべ さっぱりすべすべ
うるおい成分 ・ミルク成分
・スクワラン
・ミルク成分
全成分 石ケン素地
香料
乳脂(牛乳)
スクワラン

ステアリン酸
酸化チタン
EDTA-4Na
石ケン素地
香料
乳脂(牛乳)

ステアリン酸
酸化チタン
EDTA-4Na
香り ローズの香り ジャスミンの香り
種類 ・レギュラーサイズ(1個100g)1個入、3個入、6個入
・赤箱125(1個125g)1個入、2個入
・ギフト用(1個100g)10個入
・レギュラーサイズ(1個85g)1個入、3個入、6個入
・バスサイズ(1個130g)1個、3個パック
・ギフト用(1個85g)10個入
価格 ・レギュラーサイズ/1個110円
・赤箱125/1個132円
・ギフト用/1,100円
・レギュラーサイズ/1個88円
・バスサイズ/1個126円
・ギフト用/880円

よく見てみるとわかりますが、結構違いがありますね。

成分の違いが1番の差!

何と言っても、赤箱の方は

  • うるおう成分の「スクワラン」が入っている
  • ミルク成分(ミルクバター)が青箱より多めに入っている

ということで「しっとりする」という特徴があります。

牛乳石鹸というだけあって、新鮮な牛乳から作られてるんだってさ

香りも違うって知ってた?

香りが違うのも、大きなポイントです。

ロングセラーだけど、使うのって赤か青かどちらかだったりしますよね?

そうすると、香りの違いには気づかないもの。

ローズとジャスミンという違いはありますが、昭和のこの時代は粗末な石鹸も多く出回っていたそう。

そんな中で、花の香りがただよう石鹸を届けたい!と、その頃から香りにも工夫がされていたと言いますから、こんな気遣いがロングセラーのポイントなんでしょうね。

値段の違いの理由

値段も違っていたというのは驚きです。

そもそも、牛乳石鹸は「赤箱」が先に作られていました。

本社が大阪ということで、関西での牛乳石鹸はポピュラーになっていたものの、全国の人にその良さを伝えたい。

そんな願いのもと「洗い心地もさっぱり、サイズも少し小さくしてお安く!」と考え出されたのが「青箱」だったわけです。

関西は赤箱人気、関東は青箱人気!という噂が出たこともあったけど、今では好みに合わせて全国でファンが増えてるみたいだね〜

牛乳石鹸赤箱と青箱は洗顔には使える?ニキビは?

牛乳石鹸の公式サイトでは、「赤箱」の説明にこんなふうに書いてあります。

しっとりすべすべのなめらか美肌に洗い上げます。洗顔にも使えます。

牛乳石鹸公式サイトより引用

ということで、洗顔にももちろん使えます

そして、個人差はありますが、ニキビ対策として使う方も多いようです。

「赤箱」を洗顔に使う愛用者は本当に多いようで、その価格もあってかリピーターも多い印象です。

牛乳石鹸のサイトによると、赤箱を洗顔に使ったきっかけは「敏感肌だったから!」が1番多いそう。

肌に優しいのが牛乳石鹸のウリなので、納得ですね。

でも、石鹸は石鹸だから、つっぱるんじゃない?って心配も多いよね〜

でも、赤箱を使ってみての感想で多いのは、なんと「つっぱらない!」なんです。

石鹸=つっぱるのイメージがあるからでしょうが、それを見事に裏切るんですよね。

ちなみに、洗顔については、赤箱限定での説明しか公式サイトにはありませんが、個人的には「青箱」も洗顔に使います

スクワランなどは青箱には入っていませんが、それでも「つっぱり」はさほど感じません。

さすがに冬はお風呂上がりにニベアを塗るけど(どこまで青好き?)、この20年、洗顔は青箱でオッケーだよ

何と言ってもリーズナブルですし、まずは赤箱洗顔から始めてみるとよさそうです。

牛乳石鹸赤箱と青箱は赤ちゃんには使える?

大人女子に大人気の牛乳石鹸ですが、赤ちゃんにも使えるの?という疑問を見かけます。

答えから言うと、使えますよ!

というのも、わが家の20歳になる長男が生まれて間もない頃。

赤ちゃんニキビがなかなか治らず、皮膚科で相談したんです。

上の子と比べて、その数が尋常じゃなかったんだよね〜

するとお医者様が「お母さん、顔はどうやって洗ってます?」というので、ベビー用の洗顔フォームだと答えると

牛乳石鹸でいいですよ〜。安いし、家族みんな使えるでしょ。いろいろ入ってないからね〜」。

それから、わが家の定番になった牛乳石鹸。それも先生の「いろいろ入っていない」が引っかかり、青箱の方を愛用しています。

ベビーせっけんも出てるからそっちも見てみるといいね〜。でも実は牛乳石鹸の方が成分もシンプル。試してみるといいね〜

牛乳石鹸赤箱と青箱の違いはいろいろある!洗顔やニキビにも赤ちゃんにも使える

牛乳石鹸の赤箱と青箱。

違いはいろいろありますが、成分はもちろん、香りも大きさも値段も違うんですね。

わが家は、お安く「青箱派」ですが、たまに赤箱をいただいたりすると、ゴージャスな気分になります。←何と安上がり!

大人はもちろん、赤ちゃんの顔を洗うのにも使えますし、家族全員使えるというのは嬉しいポイント。

お安い石鹸だけど、とにかく丁寧にココロを込めて作られている大阪発の牛乳石鹸。

まだ使ったことがない方は(←そんな人いるのか?)、ぜひお試しくださいね。

タイトルとURLをコピーしました