エムバペとムバッペはどっちが正しい?国籍と兄弟についても

スポンサーリンク

2022年のワールドカップが始まったけど、エムバペ人気がすごいってことで、

・エムバペとムバッペはどっちが正しい?

・エムバペの国籍は?

・エムバペの兄弟は?

結論から言うと

・「ム」をあまり強く言わず「エンバペ」がいいみたい

・フランスだよ

・義理の兄と可愛い弟、兄弟でサッカーの神が宿ってるね〜

スポンサーリンク

エムバペとムバッペはどっちが正しい?

2022年のワールドカップでも大注目なのが、フランス代表のキリアン・エムバペ選手です。

2018年のワールドカップでフランスが優勝した時も、2019年6月に初来日した時も、日本のだいたいの報道では「ムバッペ」と呼んでい印象ですが、今回はほとんどが「エムバペ」呼び!

どっちが正しい?

と思ってしまいますよね。

現地フランスの人の発音は?

日本語でどう表示するか、どう読むかという問題ですが、現地・フランスの人がどう「発音しているか」がある意味「正解」なのかと思います。

どう聞こえましたか?

エムバペでもなく、ムバッペでもなく、

エンバペ

と聞こえませんか?

ちなみに、弟のエタンも「エタン」と言うより「イータン」みたいに聞こえるね〜。カタカナで書くと、何だかややこしいんだろうね。

以前、日本のインタビューでもこんなふうに答えていました。

自身も「エンバペ」がいいとおっしゃっていますね!(というか「キリアン」が一番うれしそうですが…)

そもそものつづりは、Kylian Mbappé。

「M」の部分を「エム」「ム」「エン」と読むか?ということですね。

私たちも「エムバペ」というのは少し言いづらいので、日本の報道も「エンバペ」に統一してくれるといいのになと思います。

エムバペの国籍は?

「エンバペ」がいいと言いつつ、今のところ、日本ではスタンダードなエムバペでとりあえずは進めてみます。

エムバペ選手は、フランス代表で、国籍も「フランス」です。

そのルーツはどこにあるのかと言うと、

・父親のウィルフリートさんはカメルーン出身。
・母親のファイザラマールさんは、アルジェリア系のフランス人。

そんな両親の間に、フランス・パリ19区で誕生したエムバペ選手。生粋のパリっ子ということですね。

19歳でフランスをワールドカップ優勝に導いた力は、その両親譲りの血なのかね?

父親のウィルフリートさんは、兄弟でサッカーの指導者とのこと。他のスポーツではなく、サッカーの指導というところが、やはりエムバペ選手のサッカーの才能の源なんだと思います。

母親のファイザラマールさんは、ハンドボールの選手だったそう。それもプロ!

そんなスポーツの能力を両親から譲り受け、フランスの地で、めきめきと実力を発揮したと言うわけですね。

エムバペの兄弟は?

エムバペ選手には、よく登場するそっくりな弟がいます。

兄のエムバペ選手の7歳年下の弟、エタン・エムバペ選手です。

エムバペ選手同様、名門パリ・サンジェルマンの下部組織に所属するサッカー選手でもあると言うから、兄弟でさすがですね。

ちなみに、エタン選手も、エタンと表示するけど、上の動画みたいに「イータン」と聞こえたり、表記でも「イーサン」とあったりしてるよ〜。

そして、エムバペ選手には「兄」もいるんです。

それが、ジレス・ケンボ・エココ選手。義理のお兄さんということになります。

エムバペ選手が生まれた翌年に、両親が当時のザイールから引き取り養子に迎えたのだとか。

フランスでプロ選手となり、現在はトルコでプレーされています。

その実の父親もザイール代表のサッカー選手だったということで、どんな事情があったのでしょうね。

でも、写真にもあるように、仲睦まじく三兄弟は成長したようです。

それにしても、ここまで兄弟でサッカーがうまいととんでもないね〜

エムバペとムバッペはどっちが正しい?国籍と兄弟についてもまとめ

サッカーのフランス代表、キリアン・エムバペ選手がかっこいいですね。

2018年のワールドカップを優勝に導いた立役者ということで、頻繁に日本のメディアにも登場していますが、その呼び方が「エムバペ」だったり「ムバッペ」だったり、どっちが正しいの?とこんがらがります。

ご本人的にも、フランスの方の呼び方にしても、「エンバペ」が良さげです。

スポーツ万能でサッカーにも通じた親の血を受け継ぎ、フランス生まれのフランス育ち、国籍ももちろんフランスというエムバペ選手が、どんな活躍をするか楽しみですね。

兄弟そろってサッカー兄弟だからね。3兄弟での活躍も楽しみ!

日本も頑張ってほしいですが、フランスチームからも目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました