すずめの戸締まり入場者特典本はいつまで?配布終了を予想!内容は?

スポンサーリンク

いよいよ「すずめの戸締まり」が始まったってことで入場者特典本が話題だね!

いつまで配布なのか?

配布終了を予想!

内容は?

について書いていくよ。

結論から言うと、

・特典は1週間でなくなるところが多いかも

・20ページの内容はとにかく豪華だよ

【追記11/26】
・17日間で観客動員数460万人を超え、特典第2弾「新海誠2」が12/3から配布されることになりました。今度は第1弾の300万部配布の半分、150万部の配布です。内容も第1弾とは違うので、ぜひお楽しみに!
スポンサーリンク

すずめの戸締まり入場者特典本はいつまで?

映画「すずめの戸締まり」がいよいよ、11月11日(金)に公開されました。

前評判も高かったですが、上映されるとそれ以上の高評価!

うちの娘も号泣した!って帰ってきたよ〜

そして、皆さんが感動しているのが、こちらの入場者に配られる特典の本「新海誠本」です。

今回のこの特典本「ほしい!」という方もかなり多いはず。

いつまで配布されるのか気になりますよね?

でも、残念ながら、もらえるのは先着順!配布期間が決まっているわけではないんです。

その配布数は、全国で合計300万人

でも、ひとくちに300万人と言っても、よくわからない数字ですが、配布終了はいつになるんでしょうか?

300万人分もあれば、もらえそうだけどね〜

すずめの戸締まり入場者特典本の配布終了を予想

近いところで言うと、2022年8月に公開され大ヒットした「ONE PIECE FILM RED」でも、初回特典として【「ONE PIECE」コミックス-巻四十億”RED”-】が配布されました。

この第1弾特典のコミックスは、今回と同じ300万部配布だったんです。

こちらがいつ配布終了となったかと言うと、

【配布開始】8月6日〜
【配布終了】早いところは8月7日に終了

上映日翌日には配布終了になるところもあり、上映3日後には続々と終了になっていました。

夏休みだったということもありますが、かなりの勢いですね。おそるべしワンピース!

「すずめの戸締まり」と上映館数を比較してみると、こんな感じです。

映画名 上映館数
すずめの戸締まり 379館
ONE PIECE FILM RED 全国495スクリーン(IMAX︰40/4D︰79/DOLBY ATMOS︰31)

新海誠監督のシリーズで行くと

・「君の名は。」が120館
・「天気の子」が360館
・「すずめの戸締まり」が379館

コロナのことも考えると、かなりの規模での上映ということがわかります。

でも、ワンピースとは差があるように見えますよね?

ただ館数とスクリーン数との比較なので、ワンピースの方を館数にするとそこまで差はないのではないでしょうか?

となると、夏休みほどはないにしても、「すずめの戸締まり」もかなりの入場者となるはず!

11月13日頃には特典も配布終了となるところが続出するでしょう。

映画館によって数が決まってるから、人気の映画館では早くなくなりそうだね〜

すでに土日の席が結構埋まってるみたいですが、なるべく早めに来場されることをオススメします。

すずめの戸締まり入場者特典本の内容は?

上映から数日で、きっと配布終了になるだろう「新海誠本」。

気になるのは、その内容です。

  • 新海監督自身が物語の原型、意図、そして葛藤を綴った、本作の始まりとなった企画書全文
  • 新海監督の独占ロングインタビュー
  • 新海監督、原菜乃華さん、松村北斗さんの鼎談インタビュー
  • 「君の名は。」「天気の子」の企画書の一部
  • 新海監督とキャスト陣による独占インタビュー など

こりゃ、無料レベルじゃないよね!

そうなんですよね。

「新海誠本」というだけあって「すずめの戸締まり」だけではなく、これまでの新海作品が多く取り上げられています。

こんな内容が、A4サイズ、20ページに渡って掲載されているというんですから、何とも豪華な冊子です。

転載禁止なので、こちらに掲載はできませんが、ひと言で言うとまさに「感動!」レベル。

映画を見終わった後に、じっくり楽しめますね!

すずめの戸締まり入場者特典本はいつまでか配布終了と中身のまとめ

「すずめの戸締まり」の上映が始まりました。

初日はなんと0時から上映する映画館もあり、あちこちで感動の声があがっています。

そして、今回豪華なのが入場者に配られる特典です。

全国で300万部配布されるとは言え、数日で配布終了になることは想像できる人気ぶりです。

口コミでさらにお客さんも増えそうだねぇ〜

ぜひほしい!という方は、お早めに映画館に足を運んでみてくださいね。

>>上映映画館はこちら

タイトルとURLをコピーしました