エテリ・トゥトベリーゼの娘もオリンピックに!夫は誰?

オリンピック
スポンサーリンク

ロシアのフィギュアスケートコーチで有名なのは、なんと言っても、エテリ・トゥトベリーゼコーチ!

トレードマークのソバージュヘア?に、眼光は常に鋭く、リンクの選手を見つめる姿が印象的ですね。

別名「鉄の女」だからね!こっわー

そんなエテリ・トゥトベリーゼコーチですが、娘も北京オリンピックの選手として参加しています。

今回は、

・エテリ・トゥトベリーゼの娘とは?
・エテリ・トゥトベリーゼの夫とは?

ということについて調べていきます。

スポンサーリンク

エテリ・トゥトベリーゼの娘とは?

エテリ・トゥトベリーゼコーチには、一人娘がいます。

名前は、ダイアナ・デイビスさん。アイスダンスのROC代表です。

今回の北京オリンピックにもグレブ・スモルキン選手と組み、アイスダンスに出場しています。

名 前 ダイアナ・デイビス
生年月日 2003年1月16日 (年齢 19歳)
出生地 アメリカ・ネバダ州ラスベガス
身 長 162cm
母 親 エテリ・トゥトベリーゼ

19歳とは思えないような妖艶な表情だね〜

母親のエテリ・トゥトベリーゼコーチは、18歳の時、モスクワからアメリカに渡りました。

幼い頃からスケートに打ち込み、選手としてある程度までは花開いたものの、脊椎にヒビが入るほどの大怪我を負い、

選手としての道は諦め、アメリカに渡ったのです。

そして、2003年にダイアナ・デイビスさんが誕生しました。

お父さんのことは、この後に書くね!

エテリ・トゥトベリーゼコーチの直々の指導もあり、オリンピックにまで出場したダイアナさんですが、

実は、聴覚に障害があるそう。

2歳半の時、飲んだ抗生物質の副作用で難聴となってしまい、治療をドイツなどにも渡って施してみたものの、完治はせず。

今でも、読唇術でコミュニケーションをとる部分もあるそうです。

エテリママは、たくさんシングルスケーターを育ててるのに、ダイアナさんにはなんでアイスダンスを選ばせたんだろうね?

エテリ・トゥトベリーゼ自身、スケートで脊椎にヒビが入るケガをした時に、カルシウム注射を受けたことで、

身長が3ヶ月で22cmも伸びてしまったそう。

そ、それは伸び過ぎだね!

身長が伸びるということは、体重も増えることであり、それだけジャンプをするのに不利になります。

こんな経験もあるからこそ、ジャンプでのケガをおそれて、娘にはアイスダンスへの転向を進めたようです。

エテリ・トゥトベリーゼの夫とは?

エテリ・トゥトベリーゼコーチの娘、ダイアナ・デイビスさんについて書いてきましたが、アメリカ生まれとお伝えしてきました。

そう、ダイアナさんは、エテリコーチがアメリカに渡っている時にできた子供なんです。

夫はどんな人なんだろう?

エテリ・トゥトベリーゼコーチは、夫について明らかにしていません。

「アメリカの俳優」

という説もあれば、

「同じくロシアの女性コーチの夫」

という説もあります。

いろんな思いがあって、明らかにしてないんだろうね〜

エテリ・トゥトベリーゼコーチは、最初からシングルマザーを選びましたが、そもそもロシアの離婚率は日本の2倍

シングルもあまり珍しくはない、むしろ多いぐらいのお国です。

イメージはあまりににも誇張されているかもしれませんが、エテリコーチが強い信念の持ち主ということは言えます。

シングルマザーとしてダイアナさんを育てる覚悟は、いくら強い女性だと言っても、大変なものだったはずですよね。

いろんな非難もあるきかもしれないけど、がんばってくださーい!

タイトルとURLをコピーしました